♪♪♪ほぼ日刊でお届けする「お母さん業界新聞メール版」始めました♪♪♪ 携帯でもPCでもOK→ http://www.okaasan.net/system03.php?itemid

  

Posted by at

子どもの国in大川

2010年09月29日

大川の「ヴィラベルディ」という所へお邪魔してきました(#^.^#)

ここ、ちょこっと南ヨーロッパにでも来たような
気持ちにさせてくれます。



美味しくて心地よいカフェ
「家具屋さんが営む小さなカフェCafe de Rosso」


日替わりランチは500円でした♫

そして、この一角にある「子どもの国」
通常は13時~無料で子どもたちが遊べる施設になっています。
昨日は地元のお母さん達の集まりがあり、ちょこっとお話をさせて頂きました♫


大川へ行った際は、ぜひヴィラベルディへ♫


大川ストロベリーライフ
  

Posted by カレンママ at 22:08Comments(6)お母さん業界新聞ちっご版

ナチュラフ VOL2

2010年09月23日







大盛況(#^.^#)

お母さんのパワーはスゴイ!!  

Posted by カレンママ at 21:17Comments(0)日々感じること

ナチュラフ

2010年09月23日





あ~楽しかった~♫  

Posted by カレンママ at 20:54Comments(0)日々感じること

なまえの力

2010年09月19日



11月17日(水)のイベント「一日お母さん大学」でも

ご協賛頂きます「なまえの力」

皆さんは、もうご存知でしょうか?

「なまえの力」はそのまんま「なまえのちから」。

女流書道家でもあり
お習字の先生でもある
土師彩鶴先生が

名前を素敵な詩に織り込んで
これまた優しい温かい字で
一つ一つ作品にしてくれます。

物があふれている今、心からの贈り物として注目されています。
(予約が殺到しているそうです!!)

その織り込まれる言葉、詩が本当に素敵で
涙が出てくる物や心が温まるものばかり、
名前から先生がインスピレーションで感じつづられるので
一人一人違ったものができ、贈り物として喜ばれています。

先生が言われるには
「名前は産まれてから一番最初にもらう心からのプレゼント。
それから一生ずっ~と一緒です。だから名前ってすごい。
心が入っている。あまり考えずにすっと言葉が出てくるんですよ」と

今、子どもも大人も自分に自身がない人が多い。
そんな中、この「なまえの力」は
自分の名前の力で作るので自分を信じることにもつながるという。

先生自身、不妊に長いこと悩まれ
20年目にできたお子さんが今や小学生。

悩んだ事もいろんな経験も
今「なまえの力」をさせてもらっている
一つの過程だったのだと言われます。

もし今、子どもたちが何かにつまずいていたとしたら
「なまえ」の話をしてあげてください。

もし自分に自身がなくなっていたら
「なまえ」のことを考えてみてください。

たくさんの愛に包まれていることがわかります。
前に向かっていこうって力が少し出てくると思いますよ♪

「なまえの力」のイベントがこの3連休
北九州の井筒屋黒崎店で出店されています。

直接土師先生ともお会いできます。
なかなかないチャンス♫

お近くの方はぜひぜひ足をお運びください(#^.^#)。


★画像は私の子ども(いけだかれん)で作っていただいたもの。
 赤い文字が名前になっています。   
タグ :なまえの力


Posted by カレンママ at 03:36Comments(2)お知らせ・イベント情報

【イベント告知】一日お母さん大学 コンサート 

2010年09月18日


あっという間に一週間が過ぎて行きますね~(#^.^#)

毎日、今日はこの事をブログに載せようなんて思いながらも
どんどん時間が過ぎて行ってしまいます。イカンイカン。

今、11月17日に開催するイベントの準備で駆けずり回っていますicon16

毎日、いろんな方と出会いがあってワクワクドキドキ♫
ものすご~く素敵なイベントになりますよ~♫

11月17日(水)は皆さん春日へface02
心がポカポカになること間違いなしです!!

以下、ご案内です。
託児の人数に限りがありますので、
託児をご希望される方はお早めにお申し込みくださいicon06

~お母さんを笑顔にするために~
一日お母さん大学
ダ・カーポ「はじめての日」コンサート

虐待ゼロを目指して、お母さんスイッチをONにしよう!

○日時:2010年11月17日(水)
   13時半~16時(13時開場)


○場所:春日市ふれあい文化センター・スプリングホール
(とってもとっても素敵なコンサートホールです!!)

福岡県春日市大谷6丁目24番地

○参加費:3000円(全席自由)
・託児:一部1000円(先着30名・要予約)


○主催:お母さん大学福岡支部・久留米支部

○お申込先:kurume@okaasan.net  090-9062-7421(池田/久留米支部)

<後援など>
ふくおか・みんなで家族月間キャンペーン共催
福岡市・春日市・春日教育委員会・FBS・西日本新聞ほか

<ご協賛・ご協力>
なまえの力
未来工房
ヨガ教室・心理カウンセリングサンシャイン
ボンディングスペースまなや
だぼはぜの会



☆第一部として午前中
 「お母さん大学シンポジウム」も無料開催いたします。

 場所:ふれあい文化センター 研修室1
 時間:10時~12時
 定員:70名
 詳細:お母さん大学学長代理藤本裕子ミニ講演会
    お母さん・お父さんのパネルディスカッション
    (専門家の方ではなく、本当に身近なお母さん・お父さん達が
     今・これから虐待や少子化に向けてできることをディスカッションします)
    (託児のみ有料1000円)

11月17日は「お母さん」を味わいませんか?

「お母さんっていいよね~」って心から思える時間を。
「お母さんってスゴイ!!」って自分自身で感じれる時間を。
「お母さんでよかった♡」と子どもたちをぎゅっ~としたくなる時間をお届けします。

子育て真っ最中の方から子育てを卒業した方、
お母さんだけでなくお父さん、おじいちゃん、おばあちゃん
地域の皆さんが「つながる」スタートの一日になります。

コンサートホール会場いっぱいにお母さんのあったか~い心をicon06


*ご協賛・告知のご協力・スタッフなど随時募集中です*

●7月30日に行われた「一日お母さん大学&ダ・カーポはじめての日コンサート」報告記事と映像は
 http://www.okaasan.net/news.php?itemid=17447
●「はじめての日」について詳しくは
 http://www.okaasan.net/?special=hajimete
●ダ・カーポさん公式ホームページは
 http://business1.plala.or.jp/dacapo/


  


Posted by カレンママ at 03:24Comments(0)お知らせ・イベント情報

牛乳パックで版画制作♫

2010年09月06日

佐賀県みやき町に「緑の教育館」というのがあるのをご存知ですか?

理系ではない私には難しいことはわかりませんが

そこは「地球にやさしいことを考える・教えてくれる場所」でした。

太陽エネルギーで回る電車の模型があったり

クッカー(太陽エネルギーでお料理ができるそうです)が置いてあったり

お部屋の中にも、太陽光を入れて植物が育つよう今、工事中のようでした。

この「緑の教育館」で
牛乳パックと環境素材を用いた版画(はんが)制作が開催されていたので
娘と参加してきましたヽ(^o^)丿

イギリスで版画を学んだ方が先生。
彫刻刀を使用しないので、小さな子どももOKです♫

☆制作風景 テーマ「ぶどう」☆
インターンシップなどで参加している大学生のお姉さんやお兄さんが一緒にしてくれました♫
まずは○を書いて、切って、はって


先生と色づけ


はじめてのバレンも意外と上手でした♫


できあがり~face02icon97


作品ももちろんですが
カレンにとっては学生の皆さんと遊べたことも
とっても楽しかったみたい♫

帰りに「うちにも遊びに来てね」としっかりお誘いしていました♫

お世話になった皆さん、ありがとうございました~face02face02face02
  

Posted by カレンママ at 22:20Comments(2)我が家の子どもたち

お母さん大学

2010年09月01日

「お母さん大学」って何だろうって改めて考えてみた。

大学っていうから、何かカリキュラムがあるのかと思っている人も多い。

私も入ったばかりの頃は地域でも大学らしきことをやりたくて

「お母さんのメイクレッスン」とか
「お母さんのパソコン講座」とか

時間割を作って、
いろんな分野に長けている友達に相談して
やってみようかな~なんて考えたこともある。

でも

お母さん大学ってちょっと違うんだよねぇ。

「お母さん大学」

ここで私が学んでいるのは、母であることの素晴らしさ、喜び、偉大さ。

たぶん、フツーのお母さん達が日々感じていること。

でも忙しい毎日で見過ごしていたり
気づかなかったり
気づきたくなかったりすることもあるかもねぇ。

たまに「自分の子育てに自身を持ちなさいよ」と言われる。

何に?自身を持てばいいの?
何を根拠に自身がつく?

情報がたっくさんあって
迷ってばかりいた

毎日、子どもたちと一緒にいる時間は楽しいけれど可愛いけれど
なんだか無駄な時間が流れているように感じていた。

おっぱいをあげてオムツをかえて
自分は飲み込むようにご飯を食べて、お風呂に入れて
台所は片付かないまま、洗濯ものもたためないまま山のようになって

それでも時間はすぎていって。

もちろんお金をうみだすこともない。

今日、私は一日何をしたんだろうって、
夜中、ようやくホッとできる時間になると思っていた。

そんな時に出会ったのが「お母さん大学」だった。

お母さん大学はそれでいいんだよって教えてくれた。

子育ては命を産み、育てる大事業。
日本の未来を作っているんだって。

日本の未来を作っているのは何も政治家の皆さんじゃない、
社長さんたちじゃない、お母さんなんだよって。

もっと「お母さん」胸はっていいんだよって教えてくれた。
お金はうみださないけれど、一番大事なことをしているんだよって。
当たり前だけど、当事者の私にはなかなか本音の部分では感じれなかったことだった。

未来を作っているなんて考えたこともなかった。

そつなくおしゃれに、メイクもこぎれいにして、
さらっとさっそうと子どもと常にニコニコ笑顔で
そんな素敵なお母さん像を理想にしていた。
仕事もパリッとして週末は子どもとレジャーを楽しんでなんて。

でもそんなんじゃなくて

「お母さん」って悪くないよ。
「お母さん」だからできること、
「お母さん」だから感じること、
たくさんたくさんもっともっとあるよって。

それをいっぱいいっぱい感じてごらん、
感じて記事にしてごらん、
日々が変わるから。
お母さんってもっともっとスゴイよって。
それがわかるからって

そんな事を教えてくれたお母さん大学だった。
時にはお母さん甘えないでって渇も飛んでくるけど。

今もお母さんスゴイは現在進行形。
ようやくお母さんスゴイの海を潜りはじめたばかり。
まだまだ奥が深い。もっともっと奥が深いのがようやくわかってきたところ。

なんだか、そんなとこかな「お母さん大学」って。

お母さんが自分自身で「お母さんスゴイ」って
心の底から思えるお母さんが増えたら

もし私が最初に感じていたように感じているお母さんがいるとしたら
読んでみてほしいな「お母さん業界新聞」。

そして
「日本の未来を作っているんだ」って胸張って言える
笑顔のお母さんが増えたら

子どもたちの笑顔ももっともっと増えるかな。
悲しい、痛ましい事件もゼロに近くなるかな。















  


Posted by カレンママ at 04:24Comments(2)お母さん業界新聞ちっご版