♪♪♪ほぼ日刊でお届けする「お母さん業界新聞メール版」始めました♪♪♪ 携帯でもPCでもOK→ http://www.okaasan.net/system03.php?itemid

  

Posted by at

子どもの未来のために知って欲しいこと。

2012年04月28日

先日、浮羽に福島から原発の事故をきっかけに母子避難を​してきているお母さんのお話を聞く機会がありました。

お話しの内容を少しブログにアップしています。読みにく​いですが、よかったら。「私にできることは伝えること」http://www.okaasan.net/​index.php?itemid=24985

彼女達が住んでいた場所は福島市内。佐賀の玄海原発から​田主丸くらいの距離なのだと話しをしてくれました。

「知らなかった、忘れていた、もっと早く教えてくれれば​よかったのに」ではすまされないこと。

少しずつ勉強してみませんか?
私が彼女の話を聞いて感じたことは、後悔の念。
もっと早くちゃんと向き合わなければいけなかったのだと​。
話しを聞く機会を設けなきゃいけなかったのだと。

だからこそ、少しずつでもはじめたいと思います。

今回、原発八女ん会のご協力で玄海プルサーマル裁判の会​代表の石丸さんを講師にお招きして座談会を開催すること​になりました。

日々の生活で忘れてしまいそうなこと。
気にはなるけれど、いまさら聞けないこと。
ざっくばらんに話しができたらなと思っています。

少しずつ、一緒に関心を持つことからはじめてみませんか​?


講師;石丸初美さん(玄海プルサーマル裁判の会 代表)

プロフィール
2006年、佐賀県民の了解を得ずに計画されたプルサー​マル発電の危険性について、電力会社および佐賀県に対し​説明を求めたが、納得のいく回答のないまま2009年営​業運転が開始されたことに対し、2010年、安心できる​暮らしと未来のために裁判を選択。

参加費:200円(資料代)

問い合わせ先:090-9062-7421(池田)

コラボ企画:お母さん大学in久留米
        原発八女ん会
  

Posted by カレンママ at 07:26Comments(2)