♪♪♪ほぼ日刊でお届けする「お母さん業界新聞メール版」始めました♪♪♪ 携帯でもPCでもOK→ http://www.okaasan.net/system03.php?itemid

スポンサーサイト

上記の広告は2週間以上更新のないブログに表示されています。 新しい記事を書くことで広告が消せます。  

Posted by スポンサー広告 at

母ちゃんの笑顔

2011年04月23日

皆さん、体調はいかがですか?

私は子どもたちから風邪をもらい
なんだかパソコンにもじっくり向かえない日々を送っていました。

ようやく少しずつ復活!!face02
やっぱり元気は大事だなと体調をくずす度に感じます。
心も体も。

今までと違ったのは、
この体調をくずしている今を受け入れる心が少しできたということ。

前はなんだか何かやらなきゃ!!と何もできないのを悶々としていました。

でも、体を壊すのも何かのサイン。
心と体に感謝しながら、ゆっくりとする時間を持つのも大事なのだと思いました。

最終的には実家に帰り、
子どもたちを見てもらいながら病院へ行って治ったのですがね~


さて、来週の水曜日 4月27日 に素敵な方にお話会をして頂きます。

9月10日に「うまれる」の自主上映会を開催するのですが
それにつながるストーリーを毎月少しずつ。

今月は「母ちゃんの笑顔」

3児の子育て真っ最中。
そしてパーキンソン病などの難病を専門としている女医さんでもある
西村靖子先生にお話をしていただきます。

その西村先生からメッセージが届いていますので
ぜひ読んでみてください♫

もう少しだけ残席が残っていますので
気になる方はお申し込みくださいね♫

日時:4月27日10時~12時半
場所:くるるん第一会議室
申し込み:karen181125@softbank.ne.jp(池田)
参加費:500円
定員:20組
託児はございません。
お子さんもご一緒にご参加ください。


「母ちゃんの笑顔」西村靖子先生   

「今、この災害・原発のことを含め、何を思うか。
不安、恐怖、不信感だらけの世界で、どうしようと顔が曇る。
子供はお母さんの顔を見たとき、どう感じるか。
きっと、このお母さん業界新聞を読んでいる方はお分かりではないだろうか。
有無を言わせない悲惨な状況の報道に、目をつぶっても脳裏に焼きついて離れない映像。
一方で、世の中にはとてもすごい人がいるものだ。
避難場所で笑顔でお世話をする方々、久しぶりのボールを投げて、笑顔になる高校球児。
笑顔でこんなに元気にさせられたのは、被災していない私の方。
もしも、入院中に今にも死にそうな方にお見舞いにこられたら、やめて~と思うだろう。
やはり、元気な方がたくさんの笑顔で来て頂くとうれしい。
もう一度、母ちゃんの笑顔を最高・最良の道具として発信していきたい。
希望が開けた。昔、長崎原爆が落とされたとき、原爆症がほとんどでなかった病院があった。
そのとき、身を助けたのが、私達が毎日食べている米と味噌と海草であった。
このことを、メッセージと受け止め、この、米・味噌・野菜をはぐくんできた太陽・雨・土と、
それらをずっと支えているすべての人のことを感じられる。
私達は、一人で生きていくことはできないと実感する。同時に、守られた存在であることに気づかされる。
こんな時だからこそ、感謝して笑顔で生きていきたい。
そんなことができるのが母ちゃんだと思う。
強かった昭和の母ちゃんに負けないくらい、揺るがない平成(平静)の母ちゃんになりたい。」


  

Posted by カレンママ at 01:07Comments(1)お母さん大学in久留米